just now!

男性の四十肩を整体で解消できた

東京でサラリーマンをしています。昨年の夏、出張で名古屋に行ったときの話です。
重要なプレゼンの発表を名古屋の支社ですることになったのですが、前日に前泊をしようと名古屋に来たところ、急に方の調子がおかしくなり上がらなくなってしまいました。

プレゼンの際は、身振り手振りも交えながら、レーザーポインタでスクリーンを指しながら話していきます。肩が上がらないと、それができなくなってしまい、私自身の今後、出席も結構影響しそうだと真っ青になってしまいました。

名古屋 整体も探しましたが、すでに夜でどこも閉院しています。湿布を買おうにも薬局で売っているものは効果が弱くあまり期待できません。

困り果てていると、ホテルのサービスで「出張整体」の文字が。整体は無資格でできるので、外れに当たると大変なことになりますが、賭けてみました。

やってきた整体師の方はとてもうまく、すぐに肩が上がるようになりました。名前もお伺いできませんでしたが、ホテルの整体でも当たりはあるんだなと思いました。

飲み会には参加をしよう

仕事をしていると、仕事関係だけではなくいろいろな飲み会に誘われることがあります。その時、男女の出会いとして、最も活用出来る場所として、行くことをおすすめします。小さい飲み会だと、ちょっと同じメンバーとなてしまうことが多いですね。そのため、出来たら多くの人が参加をする場所に行くことにより多くの出会いを期待することができます。
飲み会のいいところは、ちょっとハメを外したと思った時でも、それを酔っ払っていたことに出来る事です。自分ではなかったと言えるのです。そのため、通常の時よりもしっかりアプローチをすることができます。いいなと思う人がいたら、自分のその大きくなっている気持ちを活かして、告白をするのもアリですね。
失敗をしたとしても、水に流すことができます。出会いがないと困っている人にはそんな時間は、とても大切ではないでしょうか。

友人の結婚式での出会いがある

友人の結婚式に出席するときに、そこでハッピーな出会いを体験することがあります。お互いの友人が出席するということは、年齢的にも近い人たちが多く集まる場所であり、その結婚式を祝福するために参加するとはいえ、そうした場では出会いが起こりやすいのです。和気あいあいとした雰囲気の中で、会場で気になる異性を見つけることは少なくありません。一人で参加している人がいれば、話しかけやすいし、そこでの出会いは自然です。そして仲良くなれるかもしれません。もちろん結婚式に出席するということは、なにかとお金がかかるし、友人のためとはいえ、会場が遠いとかなにかと時間を作るのも大変なことがありますが、それによって、自分にプラスになる出会いがあるかもしれないと思えば、モチベーションが高まってきます。そのような出会いから始まる恋がやってくるかもしれません。

私が彼を流石だと思ったわけ

中学校から、長く一緒だった男友達。まじめで何事も一生懸命な彼は、あまり女性から好まれるタイプではありませんでしたが、私は良い人だなと思っていました。しかしながら、恋愛感情を持つことはなく、いつまでも良い仲間といった認識でいたのです。ある日、私に結婚を約束する男性が現れました。なんだかんだと忙しくしながら、やっと結婚式が終わると、その幼馴染から結婚式の招待状が届いたのです。結婚式当日、初めて見る幼馴染の奥さんを見て驚きました。なぜなら、一回りも若くて可愛らしい女性だったからです。ああ、奥さんは、幼馴染の魅力や良さをちゃんとわかっている人なんだな。きっと、幼馴染はまっすぐでまじめな人だから、奥さんに対してもまっすぐに向き合って愛を伝えたんだろう。良い出会いに恵まれて、本当に良かった。大きなお世話なのですが、本当によかったなと思いました。

出会い系サイトで彼氏が出来ました。

意外な事に大人になると出会いって減ってきます。職場の男の人と付き合った場合には万が一ですが上手くいかなかったりとか喧嘩したり何かあったら気きまづくなって仕事そのものにも影響しそうで考えてしまいます。そこで私は出会い系サイトに登録をしました。女性は無料で利用できるので安心です。どんなにメッセージのやり取りをしても無料なので後は自分でよく考えて選ぶとゆう自己責任です。サイトにいると色々な男性がいるってゆうことが分かります。なので、どうしても不快な思いや嫌な思いもします。そんな中で、ある時期をさかいに私よりも14才も年上の男性とメッセージのやり取りを始めてました。なんだかフィーリングも合うのか自然にどんどん話は進んでいきました。1度だけ会ってみようかとなって会ってみたら大体は想像をしていた通りな人でした。初回はお互いに緊張もあったので控え目な感じで話したりしていましたが何回も会っていくうちにお互いに素が沢山でるようになって笑顔になる回数も増えました。そして最終的には彼から付き合って欲しいと言われました。もちろん「はい。」と答えて付き合う事にしました。

日本をより良い国に―就職ビザ

外国人が、日本で就労するとき必要になるのが、就職ビザ、いわゆる就労ビザである。職種、期間が指定される。手続きが大変なので、取得の代行をする業者もある。
何らかの意味で、日本に憧れ、世界にたくさんの国がある中から日本を就労の対象国として選んでくれた人たちである。何としてでも良心的な雇用主に出会ってほしいものである。そして最初に予定していたような稼ぎがあり、本国に帰った時には、日本はうわさ通りすばらしい国であったと言ってほしい。このようなことが草の根の国際親善につながるのだと思う。
わたしが現実に就労ビザで働いているのだろうという人に接するのは、タイ古式マッサージや中国整体を受けるときである。タイ古式マッサージは世界で一番気持ちよいと言われるが、マンションの一室を借り、そこに二、三人分の布団があり、そこで施術を受ける形式がオーソドックスのようである。一回、五千円ぐらいかかるが、料金は店の取り分と、施術者の取り分に分かれるらしい。中国整体もシステムは同じようである。重労働の割合いに見合っているのだろうか。もちろん、本国でやるより、日本でやった方がもうかるから来ているのであろうが……。
いずれにせよ、日本に良い印象を持って帰ってほしいものである。

お見合いの話が絶えなかった友人の話。

友人が結婚することになったのですが、ずっと彼女は婚活をしていました。
親からもお見合いの話はちょくちょく持ってこられていたので、出会いがまるっきりないという訳ではなさそうだったのですが、お見合い相手とは毎回うまくは行かなかったみたいです。
何度かお見合いのことについて話を聞いたことがありますが、少なくとも5回くらいはしていると思います。
その内ちゃんとデートを重ねたと言っていたのは2人くらいで、あと3人くらいは1回会って終わったと言っていましたね。
なんでも、相当年上を紹介されたこともあったみたいで、相手の人もあまり乗る気じゃなかったことも合ったそうです。
お見合いは第三者がおすすめする人との出会いだから、この二人合いそうだなと思って話を持ってくるのですよね。
旨く行けばピッタリな人と出会える素敵なきっかけなのかもしれませんが、なかなか難しいものだなと話を聞いていて感じました。
結局、友人はomiaiではなく自分で相手を見つけてきたので、やっぱり出会いがどこにあるのかということは分からないなと感じました。

地味な学校グッズでもよい卒業記念に

卒業記念に、学校のグッズをひとつ買っておこうと思い立って、それまではよく見たことがなかった、学校のシンボルマークが入っているものを売っている、購買のようなところに行きました。

そこでは、キーホルダーからぬいぐるみまでかなりの種類のグッズを売っていたので、けっこうびっくりしました。卒業するまではまったく興味を持たなかったのにもかかわらず、いざ学校を離れるときがくると、どれもこれも欲しいと思いました。

シンボルマークを見ているだけで、入学したときからの思い出がよみがえった感じがしてすでに涙目になってしまいました。女の子なのだから、かわいいぬいぐるみなどを買えば良いものを、なぜか「マーク入りのクリアファイル」というかなり地味なものを買ってしまいました。

あれから、20年以上の月日が流れましたがそのクリアファイルは愛用し続けています。よい卒園記念品になりました。

まるで犯罪者のような奴と血の繋がりがあることが恥ずかしいです

ダメな父を持つと本当に離婚をする時までずっと苦労することになります。
離婚をしたら穏やかな生活が送れるのではないかと思ったのですが、そうもいかなくなってしまうかも知れません。
ダメ父が多額の金を渡さなければこの家に火を点けると言っているのです。
犯罪を予告するようなこの発言、本当に呆れました。
そして自分は刑務所で生活をするそうです。
本当にあほとしかいいようがありません。
家を火事にされてしまったら私たちのもの、全部燃えてなくなってしまいます。
家には私が頑張って稼いで買った宝物がたくさんです。
そして家を出た妹のものもありますし、かわいいペットたちもいます。
火をつけるということはペットの命も奪ってしまうかも知れない恐ろしい行為です。
冗談なのかも知れませんが、犯罪者が父親のようで凄く嫌です。
私は未婚ですがこんな人とは出会いたくないです。
ちゃんとまともな人との出会いが欲しいです。

遺品整理はみんなの意見を出し合って

遺品整理は一人で進めず家族みんなで歩調を合わせて進めると良いですよね。事情があって遺品整理に参加できない人もいるでしょう・・・。そういう人は参加しないわけだからどんな風に片付けようと文句は言えませんよ。

家族みんなで亡くなった家族が身につけていた物や大切にしていた物を分け合ったり、残すのか残さないのか相談するのです。自分は残すような物じゃないと感じても大切な物だと感じる人も居ますからね。

遺品整理は自分だけの判断で進めてはいけませんよね。親が亡くなったって兄弟が亡くなったって自分ひとりで決断するのは控えましょう。みんなの意見を聞いてからみんなで判断していきます。

わたしが亡くなったときの遺品整理も是非そうやって進めてもらいたいと思います。だからこそ先に旅立った家族の遺品整理もみんなで一緒に進めていきたいと思うのです。

やっぱり今でしょ! is powered by Wordpress | WordPress Themes