just now!

遺品整理はみんなの意見を出し合って

遺品整理は一人で進めず家族みんなで歩調を合わせて進めると良いですよね。事情があって遺品整理に参加できない人もいるでしょう・・・。そういう人は参加しないわけだからどんな風に片付けようと文句は言えませんよ。

家族みんなで亡くなった家族が身につけていた物や大切にしていた物を分け合ったり、残すのか残さないのか相談するのです。自分は残すような物じゃないと感じても大切な物だと感じる人も居ますからね。

遺品整理は自分だけの判断で進めてはいけませんよね。親が亡くなったって兄弟が亡くなったって自分ひとりで決断するのは控えましょう。みんなの意見を聞いてからみんなで判断していきます。

わたしが亡くなったときの遺品整理も是非そうやって進めてもらいたいと思います。だからこそ先に旅立った家族の遺品整理もみんなで一緒に進めていきたいと思うのです。

区役所のセミナーに参加しました

今日は区役所で行われている無料の「初心者の為の経済セミナー」というところに参加してきました。区役所の会議室で開かれたのですが、30人くらいの参加者がいました。講師の方が紹介されて、セミナーがスタートしました。

内容は細かくは書き切れませんが、大筋の話は、中国の経済状況の真実、そして日本のプライマリーバランス至上主義を糾弾する、といった内容でした。話がとても面白く時間がたつのも忘れてしまうくらいでした。これが無料なのか、と驚くほどの有意義な時間でした。

終了後に隣の会議室をちょっとのぞいてみたのですが、ホワイトボードに「ファクタリングのメリット、デメリット、そしてでんさいとの違い」とセミナー名が書いてあり、多くの参加者がメモをとっていました。難しそうな話でしたが、ちょっと気になるセミナーだったので、次回はこちらにも参加してみたいです。

婚活に本気になった理由

そのうちいつか結婚できるだろう。親もそう言うし、周りの人も同じようなことを言っていました。20代前半のころは、お願いしなくても、会ってみないかと誘われたこともあり、気楽に考えていたのですが、ある時気が付いたのです。

何の根拠があって、みながそんなことを言っているのだろうかということです。思えば、友人の中で結婚している人たちは、みな出会いを積極的に求めたり、恋愛を大切なものとして考えていました。

反対に、いつまでも独身でいる知人は、結婚や恋愛を軽視しているように感じる。ここで、私は目が覚めたように感じました。私が本気で婚活をしようと思ったのは、自分の人生をまじめに考えるようになった時でした。待っていても、何も変わらないし、何も始まりません。そして、いつの日かめでたく結婚して幸せになった人を恨むのだろう。そう思った時、己の脚で動く必要性を感じました。

勉強をするって大切ですね

先日、母親から突然電話が掛かってきました。母親がその電話で言うには、ファクタリング会社がこれからは伸びるから、就職するならおすすめだよ。ということでした。私の母親は、株をたくさん持っていて、結構、証券会社とお付き合いがあるからなのか、ファクタリングなどの用語に詳しいのです。

私は金融の話とかは全然詳しくないのでほとんど意味がわからなかったのですが、その電話で聞いた、ファクタリング会社という言葉が耳に残っていたので、インターネットで色々調べてみました。なかなか、難しい用語だらけで正確には理解できなかったのですが、ファクタリングというものが社会にとって非常に有益なサービスなのだ、ということはよくわかりました。

しかし、母親の豊富な知識には心底びっくりしました。最近会っていなかったので、まさか、ここまで勉強をしているとは正直驚きました。私も見習ってちょっとずつ知識を増やしていこうと思っています。

ファクタリングの特徴

企業が商品やサービスを提供した場合、クライアントからお金の納金があるまで時間がかかります。
その場合、企業は金額が大きければ大きいほど資金運用面での制約を受けます。

しかし、ファクタリングをおこなうことで、早い段階で資金調達が可能になるというメリットがあります。
企業がクライアントに商品やサービスを提供すると、売掛債権というものが発生します。
売掛債権とは、商品の対価として代金を請求できる権利のことです。
この、売掛債権をファクタリング会社に譲渡することにより、早い段階で代金が手元に戻ってきます。
ちなみに、クライアントは、後日ファクタリング会社に資金を支払うことになります。

やはり人は、入金をしっかり確認した段階で安心するものですから、これは非常に安心できるサービスといえます。
反面デメリットも存在します。
企業はファクタリング会社に手数料を納める必要があるため点です。
やはり、早い資金調達が可能でも手数料で目減りするのは、多少損をした感覚になります。

やや理想を下げた出会いが良い

出会いのためであればお金をかけるのも惜しくはない、でもだれでもいいというわけではなく、男性であれば、きれいでかわいくて若い女の子、女性であればかっこよくて素敵な男性で、年収の高い人など、それなりの理想があり、それに近い異性を探したいと思うことでしょう。

それは誰もが思うことですが、そんな出会いは滅多にありませんし、そのような人はほとんどがすでに交際をしているか、あるいは結婚してしまっています。それでやや条件を下げて多少の妥協をするのも致し方ありません。出会いアプリや出会いサイトで、異性を探すときには、理想を求め過ぎないこと、そしてそこそこの異性で納得するようにしていくと、出会いは比較的早くやってくることでしょう。

そしてデートをしていくうちに、始めはそれほどの外見ではないと思っても、好きになっていくと、相手のルックスもなかなか良いという感じに思えてくるものです。

タクシードライバーは出会いが多い?

友達にタクシーの運転手をしている男性がいるのですが、ずっと座りっぱなしで運転したり指定された場所にお客さんを迎えに行ったりなど大変でありながらも、結構興味深い出会いがあったりすると教えてくれました。

一般の人たちもタクシーを利用するものの、交通機関が発達している地域ならば電車やバスを利用する人がかなり多いです。そういった都会でタクシーに乗る人たちはお金持ちの社長や芸能人、モデルやテレビ局関係など、割と特殊な業界の人たちが少なくないそうです。そういった人たちの仕事や生活の一部を目にすることができることは面白いと友達は言っていました。

仕事の話を少ししてくれたりするお客さんもいるそうです。綺麗なモデルさんが乗ってきたときもあったそうです。さすがにそういった人たちと連絡先を交換したりはしないそうですが、数分一緒に時間を共にすることができるだけでも興味深い経験ができていてなかなか楽しいものだと教えてくれました。

なかなか良い出会いがありません

私は、現在婚活中で、結婚相談所に登録をしているのですが、自分の理想の人に出会えずなかなか苦戦しています。

私は、自分があまり積極的なタイプでは無いので、男性が積極的にリードして欲しいなと思っています。
ですが、私が、異性を結婚相談所の中で探していると、男性側は、大人しい人が多いように思います。

1度、一人の男性に会ってみたのですが、優柔不断な性格の男性に私自身がイライラしてしまい、相手の人に少しきつめに気持ちを伝えると、それからメールの返信が無くなり、音信不通になってしまいました。

結婚相談所に登録している男性は、どちらかというと優しい、女性の気持ちを尊重すると言う人が多いのかなと思います。

年齢的に、同世代の人との結婚がしたいと思っているので、年上過ぎるのは困るのですが、男らしく引っ張っていってくれる人となると、年上の方が良いのだろうかと最近は考え始めてしまいました。

子供向けスクールを探してみてわかった事

私には小学生の娘がいるのですが、その娘になにか短期スクールのようなものを行かせてあげたいなと思いネットで検索していました。

一番の希望は料理系だったのですが都会ではないせいかスクールは見つかりませんでした。できれば子供向けのパン作り教室だとかがあればいいと思っていたのですが。
逆に多かったのが意外にもプログラミングのスクールでした。パソコンだけを使ってするものや、ロボットを使ってするものです。

実際娘は過去に主人が短時間でのプログラミング教室に連れていった事があるのです。面白かったみたいですがもっとやりたいとは思わなかったみたいです。

ネット社会の今、子供のうちからパソコンにふれさせるのもいいと思います。我が家の子供達は家のパソコンを普段から使っているのですが教えなくてもどんどん操作を覚えていって、今では私の知らなかった事を知っていたりとびっくりすることが多いです。

子持ちペーパードライバーの心強い味方

私は専業主婦(ペーパードライバー)なのですが、子どもを授かってから、タクシーを利用する機会が格段に増えました。

妊娠中は妊婦健診時に、産後は退院時や子どもの健診・予防接種時に、タクシーを利用してきました。
我が家は裕福ではないので、普段は公共交通機関を利用する事が多いですが、妊娠中の体調が優れなかった時や、産後の赤ちゃん連れでの移動にたまたま悪天候が重なった時等には、「世の中にタクシーがあって、本当に助かった!」と心底感謝したものです。

乳児期を過ぎた今でも、子どもの体調不良時等にはタクシー利用が欠かせませんし、緊急時以外でも、先日は子どもの七五三のお参りで利用しました。子どもが、着物で長距離を歩くのが難しかったからです。
タクシー運転手さんに、「おめでとうございます。素敵だね~。」と着物姿を誉められ、子どもも嬉しそうでした。

子持ちペーパードライバーの私にとって、タクシーは本当に心強い味方のような存在です!

やっぱり今でしょ! is powered by Wordpress | WordPress Themes