just now!

タクシー運転手を目指して転職をすること

タクシーのドライバーになるというのであれば基本的にはタクシー会社に勤めるということになります。個人タクシードライバーがいるではないか、と思うかもしれませんがあれはタクシー会社に勤めていたという経験が何年以上といったようなかなり厳しい条件があったりするので最初に転職するのはまずタクシー会社に勤めるタクシードライバーということになります。むしろ、はじめてやるのであればそちらのほうが安心できるといっても過言ではないでしょう。タクシードライバーというのはただ運転すれば良いというわけではないので覚悟しておきましょう。それはサービス業であるということを自覚することがかなり重要なポイントになってくるということです。タクシードライバーというのはサービス業ということになりますのでぶっきらぼうですとうまくいかないということがありますので覚悟しておくことです。

ひとりが好きな人にはお勧めです

誰かと一緒に食事をしたくないとか、ひとりで居ることが好きな性格ならタクシー業界に転職するといいでしょう。タクシー乗務員は自分のタイミングで食事を摂ってますよね。コンビニでお弁当を買ってタクシーの中で食べている姿をよく見ます。

タクシーの中で食べるのが嫌なら公園に行って自然の中で食事できますね。レストランへ入ることだって出来ますよ。タクシー乗務員はひとりが好きな人には最適な職業でしょう。

会社勤めをするとなかなかひとりで食事がとれないですね。順番に休憩しても誰かと重なることは普通です。よく知らない人と一緒に休憩して肩に力が入ってしまう人は、ひとりで休憩できる仕事を探せばいい。

タクシー乗務員の仕事だったらひとり行動が出来ます。マイペースで休憩できてラクチンですよね。ひとりが好きな人の転職先としては最高なのでは・・・と思います。

不動産投資の勧誘の電話

先日、不動産投資の資料請求をした。実際自分は投資には興味は無かったが、ポイントサイトのポイント欲しさに資料請求した感じ。すると、数日後に資料が届いた。勿論俺は読まずに捨てる。そして、ポイントが付与されるのをまだかまだかと待つ。
しかし、一週間経ってもポイントは付与されず、代わりに電話がかかってきた。電話は、資料請求をした人に不動産投資のご案内をしたいとのことだった。要は営業だ。元から不動産投資に全く興味が無かった俺は、ひたすら断り続ける。それでも相手は、「全く興味のない方にも、こちらの説明を聞いてくだされば、きっと興味をもってくださる」とか言って引き下がらなかった。あまりにもしつこいので、俺は一方的に電話を切った。
最近不動産投資の話を小耳に挟むが、そんなに今不動産の業界って熱いのか?いずれにしろ、そんなリスキーな世界で成功しようとしている奴の気が知れない。

すごく面白いタクシーの運転手さんに会った

今日は久しぶりにタクシーに乗りました。仕事で帰るのが遅くなって、途中から最終電車がなくなってしまったからです。1人だったので、実はタクシーもちょっと怖かったのですが、歩いて帰るのはもっと怖いし時間も掛かるので仕方が有りませんでした。ところが乗ったタクシーの運転手さんがすごく明るくて面白い人で、乗っている間は15分位でしたが、すごく楽しかったのです。
その運転手さんは、長い間、東京の都心でタクシー運転手をしていたそうで、その時に沢山の有名な方も乗せた、と話してくれました。お客さんの話なので具体的な名前は言えないけど、と前置きは有りましたが、どんな人だったかのヒントをくれたし、又、その運転手さんは物まねがとても上手かったので、誰の話をしているかすぐ分かりました。乗車中は笑いっぱなしで、今日の中で一番楽しく仕事の疲れも吹っ飛びました。
しかし私の住んでいるのは東京都内と言っても端っこで、なんでこんな運転手さんがこんな場所に来たのか不思議になって聞いてみたら、この町のタクシー会社がかなり良い条件の求人を出していたらしいのです。私がタクシーに乗るのは稀だけど、また必要になったら指名でお願いします、と言って降りました。しかし、あのタクシー運転手さん、男性だったのか、女性だったのか、顔でも名前でも、最後まで分かりませんでした。

転職を繰り返す人は適応能力がある

就職をすると、それで終わりではなくそこから厳しいことがたくさんあります。苦しいことの方が多いですね。特に新人の頃には、辛いことばかりで嫌になるのです。しかしそこでしばらくいると、その生活も慣れて来て、だんだんと楽になってきます。すると、そこで自分が働きたいと思っていなくても長く続けることもあります。それはせっかく手にした、楽な生活を話したくないと思ってしまうのです。それはとても楽ですね。しかしそこには、パッションはありません。ただ働くだけです。
その点、転職を繰り返す人は、また転職先で新しいことに取り組むことになり気持ちが休まることがありません。一から再出発になり、また新しい仕事内容を覚えたり新しい人間関係で仕事をしていくことになります。そのように転職を繰り返す人は、ある意味で適応能力があるのではないかと思うことがあります。

タクシーのメリットがいっぱい

いざという時に頼りになるのがタクシー。バス停までは遠くて自転車もない、電車も使えないようなときはタクシーしか頼る乗り物がないですよね。誰かに迎えに来てもらえたら良いけど、そうするとそれはそれで気を遣ってしまう。

家族なら気軽に迎えを頼めても友人知人では気が引けますし、迎えに来てもらったらあとでお礼をしなければ悪い。そんな風に悩むくらいならお金を払ってタクシーを使った方が私は良いと思うし、実際そうしてきました。

タクシーは頼りになります。連絡すれば希望する場所まで来てもらえます。タイミングが良ければ時間指定も出来るし、タクシー会社も複数あるからその中から自由に選べます。

タクシー代は安くないんだけどそれだけ払うだけのメリットがあるのも良いところ。タクシードライバーも何度か同じ人に当たると仲良くなるからそれもメリットですね。

ハイヤーというのは黒塗りが多い

ハイヤーといえば黒塗りの車ということになりますが、主流では無いですが、ワンボックスカーやミニバンなどを使っているところもあります。熱がそんなに多いということではありませんしやはり高級感があるということが一つのサービスの売りになっているということになりますので、それはハイヤーの特徴であるといえるでしょう。ハイヤーの運転手に転職をしようというのであれば二種免許を持っていなければ話にならないということになりますのでまずはその人を目指すと良いでしょう。タクシーと同じようなものという認識を持っている人もいますが、タクシーとは異なり時間単位の貸し切りでメーターがない、ということになります。ハイヤーはあくまで営業所に待機しているということになりますので流しの営業をしていることはないです。その点もハイヤーの特徴であるといえるでしょう。

一般的な会社員とは違う生活のタクシードライバー

とあるタクシードライバーから聞いた話なのですが、「僕は割と時間の使い方には自由が効くのでどういったイベントでも参加しやすいのです、自分次第ですから」と言っていたことを思い出しました。近所でやっていた平日の昼間の音楽イベントでしたね。当時私は大学生で授業がなかったので参加可能でした。成人したある程度の年齢の男性も参加していたのでお仕事のことを軽く聞いてみたらタクシードライバーだと教えてくれました。少し意外でした。てっきりタクシードライバーは一日中ずっと運転してお客さんを乗せっぱなしの生活で自由時間がほとんどない、夜遅くまで残業三昧だとばかり思っていました。でも実際タクシードライバーの残業などに関しては規則も今は厳しくなっているらしく、きっとお客さんの安全のこともあって決められた時間より長く続けて運転していてはいけないのでしょうね。いつ休むかも自分次第で、家族との遠足やイベントへの参加も好きにアレンジしやすいそうです。

区役所のセミナーに参加しました

今日は区役所で行われている無料の「初心者の為の経済セミナー」というところに参加してきました。区役所の会議室で開かれたのですが、30人くらいの参加者がいました。講師の方が紹介されて、セミナーがスタートしました。

内容は細かくは書き切れませんが、大筋の話は、中国の経済状況の真実、そして日本のプライマリーバランス至上主義を糾弾する、といった内容でした。話がとても面白く時間がたつのも忘れてしまうくらいでした。これが無料なのか、と驚くほどの有意義な時間でした。

終了後に隣の会議室をちょっとのぞいてみたのですが、ホワイトボードに「ファクタリングのメリット、デメリット、そしてでんさいとの違い」とセミナー名が書いてあり、多くの参加者がメモをとっていました。難しそうな話でしたが、ちょっと気になるセミナーだったので、次回はこちらにも参加してみたいです。

ファクタリングの特徴

企業が商品やサービスを提供した場合、クライアントからお金の納金があるまで時間がかかります。
その場合、企業は金額が大きければ大きいほど資金運用面での制約を受けます。

しかし、ファクタリングをおこなうことで、早い段階で資金調達が可能になるというメリットがあります。
企業がクライアントに商品やサービスを提供すると、売掛債権というものが発生します。
売掛債権とは、商品の対価として代金を請求できる権利のことです。
この、売掛債権をファクタリング会社に譲渡することにより、早い段階で代金が手元に戻ってきます。
ちなみに、クライアントは、後日ファクタリング会社に資金を支払うことになります。

やはり人は、入金をしっかり確認した段階で安心するものですから、これは非常に安心できるサービスといえます。
反面デメリットも存在します。
企業はファクタリング会社に手数料を納める必要があるため点です。
やはり、早い資金調達が可能でも手数料で目減りするのは、多少損をした感覚になります。

やっぱり今でしょ! is powered by Wordpress | WordPress Themes